ベルブラン 口コミ しみ治療

美容外科のレーザーによるしみ治療について

美容外科では、お肌に沈着したシミを解消する方法にレーザーを用いる治療があります。

しみができる仕組み

ベルブラン 口コミ しみ治療
ベルブラン 口コミ しみ治療

太陽光を浴びると肌は日焼けして色が濃くなりますが、これは日光に含まれている紫外線によって、肌がダメージを受けるからです。太陽光に限らず、人間の皮膚は強い刺激を受けると刺激から皮膚を守るためにメラニン色素をたくさんつくります

 

日焼けと同様に、刺激を受けた皮膚によってメラニン色素が生成され、色素が沈着したものしみです。日焼けの場合は肌がまんべんなく色濃くなりますが、しみはピンポイントで茶色になります。

 

ベルブラン 口コミ しみ治療
ベルブラン 口コミ しみ治療

皮膚のしみは、メラニン色素の集中の度合いによって濃さが増し、メイクでカムフラージュが難しい場合もあります。皮膚のしみを気にして、レーザーで焼灼しているという女性も中にはいます。

治療用のレーザーは色に反応して熱を与える

治療用のレーザーは色に反応して熱を与えるので、しみに照射すると、その部分のみが焦げることになります。ダメージを受けたしみの細胞は、時間の経過と共に皮膚から取れやすくなり、新しい皮膚の生成と共に排出されます。レーザーでしみのできた皮膚を取り除けば、新たな皮膚が表層を覆うようになります。

 

ベルブラン 口コミ しみ治療
ベルブラン 口コミ しみ治療

しみのレーザー治療の「後」ケアが重要

しみが剥がれることで出てくる肌はデリケートな状態なので、レーザー治療後は十分に肌をケアする必要があります。クリニックでも説明や支持があると思いますが、しみのレーザー治療直後の皮膚は刺激に対して敏感になっていますので、施術後はサージカルテープなどでガードするといいでしょう。

ベルブラン 口コミ ハイドロキノン 美白効果

しみの治療に使用されているハイドロキノン

ハイドロキノンの成分を活用して、しみを治療する美容クリニックがあります。

 

治療したいしみの範囲や濃さ、部位や皮膚の状態によって、レーザーでしみを焼灼する方法や、ケミカルピーリングなどがあります。皮膚を白くするハイドロキノンを塗って、しみを取り除くという手段もあります。

ハイドロキノンはメラニン色素を排出

ベルブラン 口コミ ハイドロキノン 美白効果
ベルブラン 口コミ ハイドロキノン 美白効果

何らかの刺激を受けた皮膚は、メラニン色素を生成してしみをつくっています。ハイドロキノンはメラニン色素の排出作用があります。ハイドロキノンのクリームを塗っておくことで、メラニン色素は少しずつ体外に出ていき、結果として皮膚は白さを取り戻します。

ハイドロキノンが配合されたクリームなどは、美白化粧品などにも多くありますが、クリニックはより濃度の高いものを出してくれます。より美白効果の高い施術を受けたいなら、美容クリニックでハイドロキノンをより多く含むクリームを処方してもらったほうが、しみ対策には有効です。よりハイドロキノンが多く含まれているクリームを使ったほうが、しみを速やかに除去することができます。

一カ月程度の膏薬の使用で美白効果が確認できる

ベルブラン 口コミ ハイドロキノン 美白効果
ベルブラン 口コミ ハイドロキノン 美白効果

古い皮膚が取り除かれ、新しい皮膚が皮膚表面現れる1カ月後には、肌の白さが実感できるようになるでしょう。一カ月程度の膏薬の使用で、それまで市販の美白用品だけでは得られなかった美白効果が確認できるようになります。

膏薬を皮膚に塗るだけで手間もかからないので、確実に実行できます。しみ治療に役立つハイドロキノンは、そばかすやニキビ跡といった肌トラブルに対してはも、改善効果が期待できます。